SSさがすよ!
検索オプション
1-10/30318件 全作品から検索 この結果の統計を見る
――わたしと、わたしの友人の話をします。
夏と秋の間の夕刻は、黄昏という言葉のとおり、べっこう飴に似た黄色い光で包まれていた。
昼間の光は、遠い記憶になるように空の奥へと沈んでいく。天井が迫ってくるように、夜は人々...
東方創想話/174:12/10/06 - 2560P/39評価 - 12KB - 作品情報
てるてる坊主で雨を呼ぶ特別な方法があることをご存知だろうか。
特別とはいささか表現が過ぎたしれない。ただ単に頭を下に向けて吊るすだけの話だ。...
あれを想像していただけたら良いだろう。
第七回東方SSこんぺ(色):09/05/06 - 145P/26評価 - 25KB - 作品情報
登録タグ: 【編集】
一度目の訪問では、見知らぬ家にお邪魔することに対して、かなりの抵抗感があった。
初めて見る部屋のレイアウトに、存在は伝えられているものの、面と向き合うのは初めてな相手...
その時は結局、一度もリラックスすることは出来なかった。きっと、終始ぎこちない笑顔が浮か...
春先に描いた絵のことを思い出している。
それは目を閉じて眠るメリーの顔を手帳の頁に写したもので、黄と赤と青と黒の色鉛筆を用いた...
私は仰向けに寝る友達の表情を真上から捉えて輪郭を黒く引いた。金の髪を黄色で塗り流して、...
現在時刻は十一時四十七分。
なお、この時刻はマエリベリー・ハーンの時計によるものである。
新京都は夏の入りでありながら、連日三十度を越す猛暑が続く。
寝ている自分しかいないはずの部屋で、声がした。
「んがあああああああ」
無意識に出ている自分の叫び声だった。
――詠み人しらず
『花のかたちをしていた』
我が家の薄っぺらい扉を開くと、胡散臭い笑顔があった。
不良オカルトサークル、秘封倶楽部の片割れである宇佐見蓮子が、新しいネタを見つけたからい...
常習的に遅刻を繰り返す彼女の身を、もしや何かしらの事故に巻き込まれたのかしらとか、まさ...
腕時計をちらと見やり、それから待ち合わせ場所としていつも利用している大学構内のカフェの...
たとえば。
親友の背中に乗っかって、そのままぐっすりと寝込んでしまう愚か者だとか。
「……むにゃむにゃ……。〇時、三十八分……ジャストぉっ!」
タグを見てくれ
特に注意すべきことも無いんだ
彼女とは昔からの友人だけど、私は昔から彼女の事を見てた。勝負に勝って喜んでる所も負けて...
100.48 milsec.