SSさがすよ!
検索オプション
1-10/11件 全作品から検索 この結果の統計を見る
見た目が透明な奴は努力次第で何にでもなれるだろうか。私はそれを並大抵の努力では無理だろ...
という私の考えが一挙に否定された。ふーん。だったら私は貴方を握り拳作っただけで壊せるよ...
変わってしまった自分に快感を覚えるのは楽しいし悪いことじゃないと思うよ。一人で居ること...
幻想郷が今よりも貧しく、まだ幻想郷という呼び方も稀だった時代。
夏は生命が謳歌する季節であるとともに、死が充溢する季節でもありました。流行り病によって...
それでもこの隠れ里の人々は、他の里のものよりも少しだけ多くの希望を持っていました。なん...
疲れ知らずの氷の妖精が飛び回る冬の時期、山に囲まれた幻想郷では身動き取れぬ豪雪に見舞わ...
椅子に腰掛ける僕、窓の外には銀世界、静かな店に古書をめくる紙の音だけが響き、鼻腔をくす...
そう、ストーブだ。
「溶けない氷?」
氷を司る妖精-チルノは友人の一人である藤原妹紅に最近身につけた能力の一つを披露していた。
妖精の中でも力の強いチルノは、その振りまく冷気の影響もあって同じ妖精と遊ぶことは少ない。
きっかけは些細なことだった。黒白と紅白が御用達にしている古道具屋を偶々尋ねたところで、...
まともに使ったのは、もう大分昔だろうことは思い出せる一冊のスケッチブック、そして鉛筆。...
何かを、描いてみたかったのだ。
東方創想話/224:19/06/27 - 1030P/13評価(79.23) - 9KB - 作品情報
登録タグ: 東風谷早苗 【編集】
あっ、久しぶり!
元気にしてたかな?
えっ、もしかして私のこと覚えてないの!?
東方創想話/224:19/07/09 - 790P/10評価(79) - 3KB - 作品情報
「なぁ宇佐見」
言葉を投げかける、その背中。
「……俺、まだ今月の分貰ってねぇんだけど」
東方創想話/224:19/07/18 - 1220P/16評価(76.25) - 77KB - 作品情報
登録タグ: 宇佐見菫子 ヒモ 【編集】
「おかしいよ! まったくもってして気が触れている! クレイジーだよ,里乃!」
人里の駄菓子屋前にて響き渡るのは,丁礼田舞の叫び声。憤懣やる方ないといった様子である。
相対する爾子田里乃は口を少し尖らせ,不本意だといった表情。
東方創想話/224:19/06/30 - 990P/13評価(76.15) - 14KB - 作品情報
ヘンプさんは、キャラ「秋穣子」、お題「金色」で何か書きます。
#東方SSシンプルお題ったー
https://t.co/nZK2HcGnLc
東方創想話/224:19/07/04 - 710P/10評価(71) - 2KB - 作品情報
「ねぇ、蓮子、どこ行くの」
自分が今、置かれている状況はかなり異常だった。だが異常に気づいたのはつい先ほどである。
――次は、終点、関西空港。
※フィルタにより作品が除外されてるかもしれません。
すべての結果を表示する。
8.78 milsec.